FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
機能性飲料が売れている。機能性飲料は、食物繊維、カテキン、アミノ酸など健康を維持するのに役立つ素材を配合した清涼飲料のこと。コンビニやスーパーで扱う種類もグンと増えた。たくさん飲んだからといって病気が治るわけじゃないが、トクホ(特定保健用食品)も多く、体にいいのは分かっている。目的別に商品を探った。

●脂肪吸収を抑える
「メタボ健診のスタートと相まって、健康やダイエットを意識した飲み物を選ぶ中年男性が増えています」
 こう言うのは日本コカ・コーラの広報担当者。同社の「一茶花(はじめちゃか)」(500ミリリットル、147円)に含まれる「茶花抽出物」には血糖値を下げる働きがある。最新の研究では体内での脂肪の吸収を抑えることもわかった。
 肥満予防効果が期待できる。
 伊藤園の「カテキン緑茶」(350ミリリットル、168円)はトクホ飲料。お茶の渋味に含まれるガレート型カテキンが食事中の脂肪吸収を抑え、悪玉コレステロールを減らすという。
 研究では1日430~630ミリリットルを食事と一緒に摂取し続けると、約3カ月で内臓脂肪が激減して体重が減ることが確認されている。
 トクホで言うなら、人気のヘルシア(花王)や黒烏龍茶(サントリー)もこのクチだ。

●血流改善成分入り
 昨年8月に新しく食品や飲料への使用が認められたシトルリンという成分がある。体内の血流を改善し、新陳代謝を促して美肌や筋力強化の効果が確認されている成分だ。この成分が入った機能性飲料がコンビニで手に入る。アサヒ飲料の「シトルリンウォーター」(500ミリリットル、147円)がそれ。サプリメント感覚で飲む機能性飲料といったところか。
 一方、日本コカ・コーラの「アクエリアス・ビタミンガード」(500ミリリットル、147円)は、ビオチン配合。ビオチンはレバーなどに含まれるビタミンの一種で、皮膚の炎症や抜け毛の予防効果が期待される成分。厚生労働省が定める1日の目安量45マイクログラムが1本で摂取できる。錠剤よりもお手軽なのがグー。
 食物繊維とビタミンCがタップリ取れるファイブミニ(大塚製薬)などは、サプリ代わりの代表格。ビタミンC入り飲料は数社が発売しているのでチェックしておくといいだろう。

●マカやニンニク成分入り
マカやニンニク成分の入った栄養ドリンクが中年男性に人気だ。元気が出そうなイメージからか、種類や用途も増えている。
 たとえば、明治製菓の「パーフェクトプラス 男の底力ゼリー」(180グラム、203円)には、マカや精力回復に効くといわれるムイラプアマ、ガラナなど、有効成分がたっぷり。
 ハウス食品の「ニンニクの力」(100ミリリットル、190円)なら、ニンニク成分のほかに、ショウガ、クエン酸、ビタミンB 1などを含む。
「コンビニで扱う商品ですから、キツイにおいはなく飲みやすくしています」(ハウス食品担当者)
 清涼飲料も、健康優先で選ぶ時代ということだ。
スポンサーサイト




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。