FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は13日、西部シアトルで記者会見し、中国チベット自治区の暴動について「暴力(に訴える抗議)が制御不能になったら私の選択肢は辞任しかない。この点を繰り返しておきたい」と述べ、チベット亡命政府の指導者として退任も辞さない考えを改めて示した。

 ダライ・ラマは「私がチベットの独立や分離を求めていないことは全世界が知っている」と強調、分離・独立を企てていると批判する中国政府に反論した。ダライ・ラマは3月にも、暴動収拾のため自らの辞任を警告していた。

 会見後に出した声明では「我々の闘争の相手は少数の中国政府指導者であり、中国人全体ではない」と指摘。このままでは「中国政府がさらに武力行使を強め、チベット人への抑圧を一段と強化するだろう」と懸念を表明した。
スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント