FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

東京都渋谷区で夫の外資系会社社員三橋祐輔さん=当時(30)=を殺害して遺体を切断、遺棄したとして、殺人罪などに問われた妻の歌織被告(33)の判決公判が二十八日、東京地裁で開かれた。河本雅也裁判長は「犯行時に急性の精神障害を発症してはいたが、刑事責任能力はあった」として、懲役十五年の実刑判決(求刑懲役二十年)を言い渡した。 

 精神鑑定で検察側と弁護側双方の鑑定人が「刑事責任を問えない心神喪失の可能性がある」としたため、大きな争点となっていた。

 河本裁判長はまず、「鑑定結果は参考意見にすぎず、責任能力の判断は裁判所が行う」と前提。

 「短期精神病性障害を発症していたとする結果は信用できる」と認定し、「正常だった」とする検察側主張を退けた。

 その上で(1)被告が訴えた幻覚や幻聴は犯行を誘引していない(2)犯行時は一定の意識の清明さがあった(3)殺害の際の行動や被害者の反応を記憶している(4)殺害後、発覚を防ぐために行動している-と認定。「精神障害は犯行に影響を与えたが、責任能力に問題はなかった」と判断した。

 量刑については「夫から長い間暴力を受け続け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したことが殺意につながっており、同情の余地は相当ある」としたが、「残酷、無残な犯行で刑事責任は重大」とした。

 弁護側は心神喪失で無罪を主張していた。

 判決によると、歌織被告は二〇〇六年十二月十二日朝、渋谷区の自宅マンションで「夫から逃げたい、この生活を終わらせたい」ととっさに殺意を抱き、祐輔さんの頭をワインの瓶で複数回殴って殺害。遺体をのこぎりで切断し、同区や町田市などで、住宅街や公園に遺棄した。
スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント