FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

いや~あがりましたねガソリン価格。
でもさ~ちょっと考えて欲しいけど。
GWの真ん中の貴重な時間を給油待ちに使ってた人たち。
もっと言えば、買いだめしようと従業員の目を盗んで缶に入れた人。
いったい何円を節約するためにその努力をしたんだろうか?

25円×50リットル 1250円 です。

貴重といえばソレまでだけど、どうなんだろう?
テレビで見たら、零時を越えても値段が据え置きに喜びすぎて
ガソリンスタンドの段にタイヤをぶつけてパンクしてた人も
いるとか・・・

マスコミが煽る 国民が踊る マスコミ喜んで報道する 国民さらに踊る(涙)


記事はこうだ

石油情報センターが2日発表したガソリン価格の臨時調査結果によると、ガソリンにかかる暫定税率(1リットル当たり25.1円)が復活した1日のレギュラーガソリンの小売価格(全国平均)は1リットル=153.4円と、4月28日と比べて22.8円値上がりした。石油元売り各社は原油高を反映させて5月の卸値を30円前後引き上げており、小売価格も今後更に上昇する見通しだ。

 地域別で最も値上がり幅が大きかったのは東北の27.5円で、最小は九州・沖縄の15.2円だった。九州・沖縄は、4月1日の暫定税率失効時も値下がり幅が最も小さく、各地域の競争環境などに応じてばらつきが出ているとみられる。

 暫定税率は製油所からの出荷時点で課税されるため、課税前の安い在庫が残っているスタンドの一部は1日からの値上げを見送った。ただ、暫定税率失効時の初日の値下げ幅が10.7円にとどまったことに比べると、今回は値上げが急速に浸透している。

 業界関係者は「税率失効時の安売り競争で損失を被り、今回はそれを取り戻したいという心理も働いた」と分析する。石油元売り各社が卸値を30円前後上げていることから、スタンドの値上げの浸透とともに小売価格は上昇し、昨年12月の過去最高値(155.5円)を上回る見通しだ。 一方、17.1円の暫定税率が復活した軽油は5月1日の小売価格が1リットル=136.7円と、4月28日比で18.6円値上がりした。



スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント