FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

え~今度は地震?
この前のサイクロンといい自然が怒りを・・・・


12日午後2時半(日本時間同3時半)ごろ、中国西部の四川省を震源にマグニチュード(M)7.8の大規模地震が発生した。同日午後11時20分(日本時間13日午前零時20分)の国営新華社によると同省で8533人が死亡。周辺地域も含めた死者は少なくとも8689人に達し、今後さらに増える可能性が高い。胡錦濤国家主席は被災者らの救援を指示したほか、温家宝首相が現地入りし、首相をトップとする災害対策本部を設置した。北京五輪を3カ月後に控えた中国は災害救助活動に全力を挙げる方針だ。

 震源は省都の成都市から北西に約150キロ離れた同省アバ・チベット族チャン族自治州。2度にわたってM6.0とM5.4の余震とみられる揺れもあった。震源地周辺の道路網が遮断されるなどインフラにも被害が広がっており、中国経済に影響が出る恐れもある。

 国家地震局は「現地の具体的な状況について調査中」としており、死傷者数はさらに増える可能性が高い。人民解放軍は被害状況の把握のため部隊を派遣し、成都の国際空港が閉鎖された。成都には他地域からの電話が通じにくい状態が続いている。

 四川省のほかに揺れを感じたのは北京、上海、重慶、天津の各市や河南、雲南、河北、青海、甘粛、山東など少なくとも計14の省、自治区、直轄市に上った。香港やタイのバンコクなどでも揺れが観測された。

 四川省のほか陝西省で57人、甘粛省で48人、重慶市で50人、雲南省でも1人がそれぞれ死亡した。震源から約100キロの四川省綿陽市北川県では家屋の約8割が倒壊。3000―5000人が死亡し、けが人が約1万人に達したとみられる。同省では2カ所の化学工場が倒壊し、数百人が下敷きになった。

 現地からの報道によると、地震発生を受け上海証券取引所が同日、同省と重慶市の上場企業45社について13日から株式売買の一時停止を決めた。工場の損壊や交通網の寸断などで経済活動への影響も広がりつつある。

スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント