FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

県警は来月1日から、これまで運転免許センター(鴻巣市)でのみ扱っていた眼鏡などの条件解除審査を県内の全署に拡大する。視力矯正手術(レーシック治療)の普及に伴い、眼鏡やコンタクトレンズなしで自動車の運転ができるようになった人が急増したため。

 県警運転免許試験課によると、眼鏡などの運転条件の解除を申請した人は、04年度が193人だったのに、07年度は584人と、約3倍に増加した。審査は運転免許センターでしか受け付けなかったが、来月から、警察署と越生交番(越生町)の計40カ所でも受け付けることにする。

 同課によると、視力矯正手術を受けても、条件解除手続きをしないで車を運転すると、道交法違反(条件違反)で罰金を科せられることがある。
スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント