FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

競泳のジャパンオープン最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、北島康介(日本コカ・コーラ)が男子200メートル平泳ぎで世界新記録を樹立するなど、北京五輪代表4人を含む7人がのべ7つの日本新(男女5種目)をマークした。北島ら6人は英スピード社、1人はミズノの水着を着用して新記録に結び付けた。
 北島は2分7秒51で、ライバルのブレンダン・ハンセン(米国)が2006年8月につくった従来記録の2分8秒50を0秒99更新。男子200メートル個人メドレーで藤井拓郎(コナミ)が1分59秒28、同100メートルバタフライでも河本耕平(SNW)が51秒77の日本新を出した。 
 非五輪種目は女子50メートル背泳ぎで中村礼子(東京SC)と酒井志穂(ブリヂストン)が28秒25の同タイムで日本新。男子50メートル背泳ぎでも古賀淳也(スウィン埼玉)が予選で25秒33の日本新を出し、決勝で宮下純一(ホリプロ)がさらに更新する25秒26をマークした。
 大会3日間で世界新1個を含め、のべ17個の日本新が生まれ、うち16個はスピード社の水着を試着した選手が記録した。
スポンサーサイト







FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント