FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
「『はたらく』は、傍(はた)の人を楽(らく)にすること。周囲の人のために自分は何ができるだろうか?と考えるようになってきた」―豊岡市で「土恋処農園」を始めて10年の中村明弘さん(36才)は、こう語る。「周りの支えで壁を越えてきた、自分も役に立てたら」と願う。収入は、そうした「はたらきへのご褒美」だという。

中村さんは、連れ合いの千恵さん(39才)、1~12才の子ども3人との5人暮らし。「暮らしが仕事。仕事が暮らし」をモットーに、田んぼ3反と畑2反を借りて米・野菜を栽培している。数年前から漬物・味噌に加え、千恵さん手作りのマクロビスィーツ(卵・乳製品・砂糖不使用のお菓子)など加工品も手がける。「ようやく自分たちの暮らしのスタイルが形になりつつあるのを感じる」という。

中村さん夫婦が農業を選んだのは、「土の匂いの中で子育てをしたかった」から。都会育ちの中村さん夫婦が農に行き着いた経緯とは?

「漠然とした憧れはあった」そうだが、農に惹かれていった理由は各々だ。明弘さんは、高校卒業後、アルバイトをしながら自転車で全国を旅した。沖縄から北海道まで4年間、金がなくなると旅先でアルバイトをして旅を続けた。北海道では、アイヌの土に根ざした暮らし・自然観に触れ、「土への思いが募っていった」という。
スポンサーサイト




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。