FC2ブログ

社会ニュースをつれづれに

社会ニュースをつれづれに

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
ドメスティックバイオレンス(DV)、性同一性障害、セックス恐怖症などに悩む若者たちが主人公のフジテレビ系ドラマ「ラスト・フレンズ」(木曜午後10時)の視聴率が、あす19日放送の最終回に向けて伸び続けている。12日の第10話では、最近の連続ドラマでは珍しく20%を突破。人気の秘密はどこにあるのか。

 4月クール連ドラでは、日本テレビ系「ごくせん」(土曜午後9時)、フジテレビ系「CHANGE」(月曜午後9時)が初回から20%超えを達成しているが、いつも辛口で知られる作家、麻生千晶氏は「ラスト・フレンズ」を「今期ドラマでは最高の出来」と絶賛する。

 「10代後半の若者にこびたような、おとぎ話のような作品が増える中、シリアスな内容で、作り手の先見性と冒険心が素晴らしい。登場人物の独白も最低限に抑え、表情とセリフで伝えようとしている本格ドラマですね」と語る。

 ドラマでは、若手トップ女優の長澤まさみ(21)と上野樹里(22)が幼なじみ同士の役で競演。恋人・宗佑(錦戸亮)からDVを受ける美知留(長澤)と、性同一性障害を抱えるモトクロス選手・瑠可(上野)のキスシーンも話題になった。

 浅野妙子氏が手がける脚本は起伏に富み、10話では宗佑が自殺。最終回では美知留の妊娠が判明する。

 麻生氏は上野について、「本来は『のだめカンタービレ』で演じていた“女版フーテン”の役が合っているけど、今回はまっとうな役を見事に演じている。主演女優賞をあげたい」と絶賛。一方で、長澤には「演技は相変わらず下手。今回もこれまでの清純派のパターンと変わりはない」と手厳しい。

 「あれだけひどい目に遭っているのに、美知留は恋人に電話で呼び出されて、すぐに会いに行くような頭の弱い女の子で、周りは放っておけない。長澤さんはそんな役柄にうまく対応している。でも、ひと皮むけるためには、太地喜和子さんのように、本当の意味での汚れ役に挑戦すべきですね」と提案する。

>>自宅のパソコンで家にいながらにして毎日120万円の売り上げをあげる方法のDVD(29800円相当)をいまなら無料で差し上げます(無料配布分1000本のうち残り71本です)

スポンサーサイト




FC2 Blog Ranking ▼不況なら不況で時代にあった投資を!
>>3ヶ月後の自分に投資しよう


『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。